軽いランチは、ピザトーストに赤しそジュースセット

赤しそ作り方


新鮮な赤しその葉を、集めて、赤しそジュースを作りました。

ランチにセットした、赤しそジュースは体によく、アレルギー予防にも利く用です。

血管にも良いようで、赤しそジュースは美味しくて、飲みやすいです。

赤しそジュース
赤しそジュース
☆作り方は記事の続きから〜

今日の、ランチにピザトーストは、パンに、ピザトーストを塗り、たまねぎの薄きりに、
パプリカ、ピーマンの薄きり、ピザ用チーズを散らしてトースト強めにしました。

ピザトースト   オープンサンド

オープンサンドは、食パンの半分に、マーガリンを塗り、葉を載せてトーストしてから、
半分に「ルバーム」のジャムを塗りました。
トマトは熟しておいしいです。

ルバームのジャムは、お姉さんの庭にルバームが育っているのです!素敵〜ぴかぴか(新しい)
料理名人のお姉さんの、手作りジャムなので、甘過ぎず、とても美味しいです♪

鶏とパプリカのグラタン
鶏ささ身とパプリカのグラタン作り方はコチラへ

お手拭きタオル
この古い、小さなお手拭タオルの柄を、ジーと見てると、ゆったりとして、のどかで好きな柄です。

ランチ

随分前に、友人の息子さんが、福祉関係で働いていて、そこで、みんなで、赤しそジュースを作ったのです。
その時に、作り方を教えていただきました。
あの当時は、近所の方にも、教えてあげて、よく作りました。
月日の流れは、早いですね。


皆様訪問有難うございます♪

☆赤しそジュースの作り方

材料

赤しその葉・・・・・・・・・・・200枚
グラニユー糖・・・・・・・・・・1キロ
クエン酸・・・・・・・・・・・・30g

@鍋に、水を1ℓ入れて蓋して(蒸発しないよう)置きます。

A赤しそをよく洗います。
○洗い方=小樽を2個を並べて、1つに樽に、赤しそを、全部、入れて、水を満タンにします。
隣の樽に、水を満タンにして、水を流しながら、赤シソをひと握り、入れて、軽く振りながら、よく洗い、大ザルに入れて、それを、2回、繰り返して洗います。

☆ボールの上にザルを、用意して置きます。

B@の鍋を火にかけて、沸騰したら、赤しそを、全部入れて、約、3分間煮立たら、
煮汁は鍋に残したまま、葉をザルに取り、葉の汁を絞ります。
絞り汁は、鍋に戻し、葉は捨てます。

C煮汁の中に、グラニュー糖を1キロ入れ、1分間、煮立てたら火を止めます。
冷まして、3分間過ぎ〜クエン酸30gを、煮汁の中に、入れて、かき混ぜます。
○煮汁は真っ赤なピンク色になります。

D完全に冷めたら、ガーゼで、濾して、空き瓶に入れて保存します。

○冷蔵庫なら、約1年、そのままでも半年はもちます。
☆水で、2倍に薄めて、飲みます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。